FC2ブログ

ボクサー犬と暮らす日々

知ったかぶりで大爆笑

date★2014.06.21(Sat) category★日常
それは十代 さいごの年

職に就くために何か技術がないと・・・

親に進められるがまま 通った訓練学校

電算科クラスには老若男女が約30名

さすが畑違いの求職者の集まりだけあって

当時の母ちゃんから見れば、知識は当然

人生経験豊富な方達ばかり

いちばん年下で まだ恥じらいのあった母ちゃん

皆からずいぶん可愛がってもらっていたんだ



自動車免許も取得したばかり

毎日、自前の車での通学は楽しく

急に大人の仲間入りをした気分であった

10352833_412130092258812_1892146533932376238_n.jpg


ある日の休み時間

テーブルマナーの話題で盛り上がっていた

勉強嫌いの学生生活で一番好きだったのは家庭科の授業

ホテルでのテーブルマナー講習の記憶はまだ新しい



今日こそは と、はりきって話題に参加し

大きく相槌をいれながら発言の出番を待っていた


1人の女性が 『ほらあれ、なんて言ったっけ?』

『ボウルに水を入れておいてあるやつ、あれよあれ』

両隣の女性たちも 『あぁ~あれね、あれ。何だっけ?』



ほれきた! 母ちゃんの出番だ!

『それ、わたし知ってるよ~! ホテル講習で習ったも~ん♪』


みなの視線の集まる中・・・

『それ、ウィンカーボールっていうんだよ。』


まぁ~ぁ、自信満々に答えたのに 


あれれ・・・

皆のぽかんとした表情は なんなんだ?


すかさず隣のグループで話していたお兄さん

いつもの優しい笑顔が爆笑モード


『Kちゃん、ウィンカーは講習先が違うよ、

テーブルの上のはフィンガーボール。

ウィンカーじゃなくって、ふぃんがぁ~

指をちょいちょいとしながら教えてくれた

1979656_408200725985082_4870438910112988331_n.jpg

フィンガー、ウィンカー!?ふぃんがぁ~!?

くぅぁ~ やったぞ、やった、やっちゃった!


自分でも徐々に赤面しているのがわかった

穴があったら入りたいとはこのことだ


今日こそはと意気込み話題に参加

張り切った大きな地声は、ご丁寧にも

教室に残っていたクラスのみんなに

知ったかぶりをアピールしてくれた


言い間違いで、一瞬にして大爆笑の渦の

中心人物となった母ちゃんも大爆笑

恥じらいを捨て・・・

大人の階段を1つ登った瞬間 (?)


花の十代

知ったかぶりの言い間違いでも

大爆笑を誘えるとは

またとない 素敵な お年頃である
スポンサーサイト



COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)