FC2ブログ

ボクサー犬と暮らす日々

痛い見送りと甘い誘惑

date★2010.11.13(Sat) category★ボクサー犬
毎朝出勤前には、ママ行ってらっしゃい♪と

パパ、アッツォ、トキがお見送り。

今朝は、僕も行く!と大はしゃぎのアッツォ。

はしゃぎすぎて、靴を履く為かがみこんだ母ちゃんの下にもぐり

顎に思いっきり頭突きをしてくれた。

顎から後頭部まで☆が飛びまくり、しばらく動けなかった。

もう少しゆっくり休憩したかったけど、時間が迫る。

「ごめん、もう行かなきゃ!」顎をさすりながらチャリをこぐ。



珍しく信号にかからずにスイスイと道を渡っていると

通りの向こうから、犬とお散歩している人が。

あのルンルンした歩き方・・あの頭部・・あの胸の膨らみ・・?まさか!?

ボクサー犬!?

市内で間近に散歩中のボクサー犬を見るのは初めての母ちゃん

そりゃぁ~もう大興奮です。

声をかけると完全に遅刻。でも、声をかけないと後悔する!どうする!?

母ちゃん、仕事を捨てました(笑)

「お散歩中すみません!その仔ボクサー犬ですよね?触ってもいいですか?」
「わぁ~可愛い。うちも2頭いるんですよぉ~。わぁ~可愛いね。」
「ごめんね、びっくりしたね。家は、○○町なんです。わぁ~可愛いね。」
「近くにお住まいですか?わぁ可愛い。」

家の仔以外のボクサー犬との初めての触れあいにテンションアゲアゲの母ちゃんに

飼い主さんびっくりしたでしょうか?

「この仔小さいでしょう?」と仰いました。

「女の仔ですか?」と尋ねると「男の仔」だそうです。

アッちゃんより一回り小ぶりな感じでしたけど、体格はしっかりしていて

とってもとっても、と~~~っても可愛い仔でした。

「またお見かけしたら声掛けさせて下さい♪」とお別れしました。



本当は、連絡先をお伺いしたかったのだけど、飼い主さんが男性だったので

ちょっぴりへっぴり腰な母ちゃん。ワンズがいると人見知りしないのになぁ

と言いながらも、しっかり声はかけてるじゃん?

しかも、その仔の名前も聞きそびれた!

やっぱり名刺でも渡してくれば良かったなぁ。と大興奮した後に後悔。

また会えるかな?



~おまけ~

そういえば、道を渡りながら飼い主さんが「良かったね、○○ちゃん可愛いってよ」って
言っていたのが聞こえた。

あの飼い主さんも親バカな匂いが・・・♪ またあの仔に会いたいなぁ~
スポンサーサイト



COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

思わぬボクサー犬との遭遇は、頭突き効果!?(爆)
お近くに住んでるなら、また、何処かで会えるよ。
朝のバタバタの時じゃなく、ユックリ時間がある時に再会できると良いね。

ボクサー見かけないよねぇ♪
和歌山ではほとんどナシ。
出会ったら遅刻なんて気にしなくなっちゃう気持ちわかるぅぅ!
散歩中なら又会えるよ。今度は色々質問攻めしちゃうけど(笑 

aruceさん

アッツォの石頭のおかげで、タイミング良く出会えたんでしょうか(笑)

振り返るとめちゃくちゃ恥ずかしい声のかけ方をしましたし、
肝心の名前までききそびれました。
話しかけながらも(ハイト君かな?もしかしてTさんですか?)と心の中で
つぶやきましたが、いまひとつ抜けている私です。
ハイト君は、Tさんご夫妻のお宅でしたよね?もしかしたら息子さんだったのかしら?
待ち伏せでもしようかなん♪(笑)

エランままさん

朝からかなりテンションUPしましたよ♪
遅刻したのにめっちゃ笑顔で出社したら、シャチョさんに「お前遅刻」と
言われました(笑)

和歌山でもボクサー犬見かけませんか?
やっぱりなかなか近くにはいないのでしょうかね?
今度会ったら、絶対絶対お名前聞きますワン♪会いたいな♪会えるかな♪
その日パパに報告したら、何で名前も場所も聞かなかったの!?
僕も会って触りたかったのにだって。

わかるぅ~!

パパと、わかる!わかる!!って言いながら読んじゃいました。自分もですが、「うちもボクサー飼ってるんです」とか「昔買っていたんです」って目を細めて声をかけてくださる方がいると、こちらも、すっごくうれしいですもんね!
ボクサーの為なら遅刻のひとつや二つ、社長、細かいことは気にしないで♪
また会えるといいですね~

チョッパーママさん

また会いたいです!チョッパーママさんもお散歩で赤ちゃんボクサー犬に会った時、興奮しましたか?
あの仔も可愛かったなぁ~♪
チョッパーママさんの仰る通り!そういう風に声をかけられるととっても親近感がわいてしまいます。
私の住まいの市にはどの位のボクサー犬が暮らしているのだろうか?と市役所にでも聞いてみたいです(笑)

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)